ヌメ革のネームタグがなかなかカッコイイ!

tagつくること

最初は楽器ケースにつけることからスタートしました

ギターや楽器のハードケースって、どれも一緒なものが多く、中に入っているのがどのギターかわかりにくかったり。これは自分の?他の人の?と、わからなくなることも。

アーティストの方々もステッカーを貼ったり、いろんな工夫をされているのではないでしょうか。

私も学生時代、ライブハウスの小さな楽屋で、対バンの多いライブに参加…。

よく自分のケース探してました。笑

こんなタグつけてたら、すぐ見つけられただろうなぁ。

カッコイイ!とも、カワイイ!とも思ってしまうのは制作者だからでしょうか。笑

持つ人によっても、その辺の見え方が変わる。そんなタグです。

また、厚め(2.5-3mm程)のヌメ革を使用しているので、経年変化も楽しみになるのではないかと。

柔らかくなってもしっかりしてそう◎

楽器用のタグとしては勿論、カバンなどのネームタグにも良いのでは。

実際、「旅行用カバンに付けたいから」などのオーダーも多いです!

なかなかシンプルに、何にでも合う、しっかりした革のタグって少ないのかもしれません。

元々はギターリペアショップF-ROOTSとのコラボグッズとしてでしたが、楽器ケースにという用途を超えて、いろんな使い方をしていただけて嬉しいです。

↑D-28,J-45はギター名前。マーチンとギブソンの名器ですね。

rocca39もちゃっかり。道具箱につけています◎ 

 DURANGOは…DODGEの名車ですねぇ。笑

と、このようにいろんなバリエーション作っても楽しい。

道具箱の前に鍵につけてみました。

…ちょっと大きいかな。笑

気になった方、お気軽にお問い合わせください♪

shopの方にも追加予定です◎

オーダーメイドタグ ¥1,500 + 送料(普通郵便)¥120

大文字英数字8文字まで刻印可能です。

一文字一文字ずつ心を込めて打刻、制作致します◎

その後の経年変化

その後、私の所有しているタグがどんな経年変化を見せているか。。
このような飴色に仕上がっています◎

tag

経年変化の仕方はさまざまです。
キーチェーンなど、毎日使っているような場所につけていると、だいぶクタってくると思います。私は道具箱や、時々使用するキャリーケースなどにつけていたので、割とクタクタにもならずこのような形となりました。

ちょっと、こんな場所につけるのも面白いかもしれない…。と、自転車のハンドルにつけてみました。雨の日は乗らないし、風や陽にあたってどのように変化していくのか。ここからまた実験してみようと思います。

tag

こんな場所についているのも、結構良い感じがします。駐輪所ですぐ見つけられる◎

タイトルとURLをコピーしました